サバ缶のDHA効果で花粉症と中性脂肪対策

元々自分自身は、花粉症対策や肩こり対策のためにDHAのサプリメントは、摂っていたのですが夫と子供にもDHAを摂らせたいなと思いました。理由は、まず、夫は、強い花粉症と中年に差し掛かり健康診断で中性脂肪が多いと指摘されてしまったのでその予防で、子供は、長時間のゲームや漫画の影響で視力が落ちてくる同級生が増えてきたのでその対策の為です。

 

ただ、夫と子供は、サプリメントを勧めても全く飲んでくれませんでした。なので、どうにか食材で工夫してDHAを摂ってもらいたいなと考えて缶詰なら手軽に食べられるので取り入れる事にしました。

 

缶詰について調べているうちに、サバの缶詰は、DHAが豊富に含まれている事が分かりました、サバには元々DHAが豊富に含まれているのですが缶詰にすることでその栄養を余すことなく取れるほか、骨まで柔らかいのでカルシウム不足にも効果があるのです。

 

スーパーでいくつかサバ缶を買っきて家族に試食してもらった結果、マルハニチロのさば水煮が一番おいしいと言われたので継続するために週に3日ほどサバ缶を食卓に出しています。行きつけのスーパーでは、扱っておらずちょっと高めのスーパーに行った時にまとめて入手しています。

 

サラダとしてレタスをちぎった上にサバ缶を載せただけの時もありますし、炊き込みご飯にすることもあります。炊き込みご飯は、サバ缶と生姜のおろし汁とシイタケを入れて作っていますが、味付けはサバ缶と出汁だけで充分美味しいです。

 

元々家族は、魚は好きなので全員から大好評です。サバ缶水煮レシピは毎日食べても飽きないそうです。一番下の子どもは、帰宅するとダラダラしがちなのですが、血流が良くなったのかダラダラする事が減り元気に活動するようになりました。

 

夫の中性脂肪と子供の視力対策については、まだ効果が分かりませんが、花粉に関しては、例年よりもましになったと言っているので継続してサバ缶を食べていきたいと思います。